【特集】日本人が少ない語学学校に通いたい!学校・都市・時期どうやって選ぶ?

たくさんの留学生と交流するならどの国がベスト?

憧れの海外へ留学!英語環境に身を置いて、たくさんの外国人と交流したい!と語学学校へ入学したものの、日本人だらけ…では残念ですよね?
アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど英語圏に留学するのであれば、できるだけ自分の国の生徒が少ない学校に入学したいものです。また偏った国籍ではなく、バランスの良い学校を選びたいですね。留学先国別に国籍率のバランスを分析するのであれば、オーストラリアは断トツお勧めになります!
ヨーロピアンの生徒は、英語学習ももちろんですが、リラックスした環境を重視する傾向があります。大自然に囲まれ、美しいビーチと年間を通して穏やかな気候のオーストラリアは、彼らの留学先にピッタリマッチします。逆にカナダやアメリカは寒いというイメージがあり避けられがちで、イギリスは彼らにとって留学先としては近すぎるようです。南米の生徒はサーフィン文化が根付いており、オーストラリアには世界的に有名なサーフィンスポットがあることから、ビーチを求めてやってきます。東南アジアの生徒にとっては、オーストラリアは距離的に身近にいける英語圏です。家族との絆が強いお国柄なので、気軽に帰国できる距離がありがたいようですね。
こうしてみるとオーストラリアには、様々な国の留学生が集まりやすい環境であることがわかります。

語学学校の国籍率ってホント?

語学学校には世界中から留学生が集まります。日本の春休みや夏休みの時期であれば、どの語学学校も日本人留学生が多くなる傾向があります。また、ゴールドコーストのような日本人に人気の観光地は、他都市に比べると通年多めになります。毎週生徒が入学&卒業するので、語学学校がウェブサイトで発表している国籍率は、流動的なものになるので、発表されている日付を確認しましょう。他の注意点としては、一見、日本人比率が少なそうに見えても、実際に自分が受講するクラスには日本人が多かった…という現象も起こりうります。例えば、基礎英語や英会話を中心に学ぶ人気の『一般英語』コースですが、大きく6つのレベルに分けられています。

・Beginner(初心者)アルファベットから習う
・Elementary(初級)  簡単な単語、文法を習う
・Pre Intermediate(下中級)中学レベル。留学する日本人が最も多く入るクラス

・Intermediate(中級)中学レベル。アジア人、南米、日本人も多い。
・Upper Intermediate(上中級)高校レベル。一部専門学校へ入学できる。ヨーロピアンが多い。
・Advanced(上級)専門、大学進学を狙うレベル

入学初日に行うクラス分けテストの結果により、生徒はそれぞれレベルのあったクラスへ在籍するようになります。使用するテキストももちろん異なります。日本人留学生は文法の基礎がある程度できていても、スピーキングを苦手としている方が多いので、Pre Intermediate(下中級)やIntermediate(中級)クラスへ入りやすい傾向にあります。
対策としては、渡航前に英語力を総合的に上げておき、渡航シーズンや都市をうまく考慮して日本人がより少ない環境を作り出すようにしましょう。

日本人が少ない語学学校はここ!

学校によっては、一つの国の生徒数が突出しないよう国籍率をコントロールしているところもあります。また、日本マーケットに対してプロモーションをあまりしていない学校もあり、必然的に日本人に知られていない穴場の語学学校があります。都市でいえば、日本からの直行便がない南オーストラリア州の州都アデレードは、日本人自体が他都市に比べ少ないです。多国籍な環境で日本語をできるだけ使わず生活したい方、独立精神があり積極的に活動できる方にはお勧めになります。

■ 国籍率をコントロール

Ability English
アビリティ・イングリッシュ(シドニー/メルボルン)
国籍バランスシドニーNo.1。明るい雰囲気の学校で発音コースやEAPが人気。多くの専門学校やTAFE、大学とも提携多い。長期/短期留学両方ともお勧め。
キャンペーン実施中
■授業料もリーズナブルな穴場語学学校

ELSIS/ English Language School in Sydney
エルシス(シドニー/メルボルン/ブリスベン)
ECAグループの語学学校。日本人率が5%以下になり、国籍バランスの良い学校。アットホームな雰囲気でありながら、大手私立専門学校、大学とも提携があり、プログラムの質は高い。
キャンペーン実施中

Lonsdale Institute
ロンズデールインスティテュート(シドニー/メルボルン)
授業料がリーズナブルで、日本人が比較的少ないアットホームな語学学校。ビジネスなどの専門コースも設けており学費を押さえて長期滞在したい生徒に人気。
キャンペーン実施中

Scots English College/スコッツ・イングリッシュ・カレッジ
シドニーにある日本人が少ない語学学校。リーズナブルな料金ながらしっかり学べる。金曜には発音強制クラスとライティングクラスを無料で実施。
キャンペーン実施中

Lyceum English Language Australia
ライセアムイングリッシュ(メルボルン)
25年の歴史を持つアットホームな語学学校。オーストラリア人が外国語を習うために通っているので、ローカルとの交流チャンスが多いのが特徴。
キャンペーン実施中
■ 日本人が少ない都市アデレード

SACE College of English/エスエーシーイー(アデレード)
アデレードで最も古い歴史ある語学学校。少人数制クラスでアットホーム。日本人生徒が少なめ。SA州のTAFEや大学と提携があり、しっかりしたプログラムを提供。
キャンペーン実施中

 その他にも『English Only Policy/イングリッシュオンリーポリシー』といってキャンパス内で母国語を話すことを徹底的に禁止している学校があります。話しているのを見つかったらイエローカードが発行され、ペナルティが課せられます。宿題や生徒の前でスピーチなどですが、厳しいところになると通学を禁止する場合もあります。このようなルールを実施している学校をあえて選ぶことで、自ら英語環境に身を置くことができます。

スタッフからひとことアドバイス!

国際化により海外留学を希望する生徒の数は年々増加しています。オーストラリアに限らず留学先の語学学校で、日本人ゼロという環境を探すのは難しいでしょう。逆に、学校にはある程度日本人がいたほうが、心強いことがあります。授業でわかりにくかった部分を、確認しあったり、英語環境に疲れてしまった時は、日本語を話してスッキリすることができます。
大事なことは、学校以外でもどう過ごすかになります。積極的に話しかけるようにしないと、オーストラリア人はもちろん、同じ留学生のヨーロピアンたちの輪の中に入ることも実際は厳しいです。間違ったら恥ずかしい、会話のテンポが速くてついていけない…となったら、話が通じやすい韓国人や日本人グループで過ごす時間が多くなってしまいいがちです。失敗を恐れずにあらゆる場所で積極的に英語を使うことが大事ですね!

 学校を4週以上お申込みの方には、入学手続き、ビザ申請サポート、到着後すぐに使えるSIMカード贈呈、生活情報誌MOVE贈呈、現地到着後の日本スタッフによるサポートパック(オリエンテーション、銀行口座開設、在留届、TFN申請、携帯電話案内、オフィスPC利用、漫画・書籍貸し出し、お荷物お預かりサービス)をすべて無料でご利用いただけます!  

関連記事:シドニーおすすめ語学学校一覧
関連記事:【タイプ別】1ヶ月、3ヶ月、半年留学費用はいくら?

 

留学・学校のことをちょっと相談してみる 

 

学校/コース一覧

人気記事TOP5!トレンドチェックしよう

  1. Cairns College of English &…
  2. Discover English(ディスカバーイングリッシュ…
  3. Academy of Entrepreneurs/AE アカ…
  4. EE / Entrepreneur Education(アン…
  5. SMART English(旧SMEAG)/メルボルン S…

オーストラリア都市&語学学校リスト

シドニー語学学校キャンペーン中!

おしゃれな街メルボルンに留学しよう!

Lineでいつでも気軽に相談

友だち追加

Global Study Station’s SNS

        

今月のイチオシ!スタッフ厳選学校

今すぐ相談!24時間以内返信・見積もり

日本でSIM受取可能!お得な携帯プラン

留学 How much?

予算をおさえてワーホリしたい!

2か国留学が人気!格安でフィリピン留学

安心&アットホームなホームステイ

滞在先でも国際交流を楽しむ

オーストラリア 留学Q&A