【特報】ワーホリビザ最大3年延長可能!セカンドワーホリで6ヶ月以上季節労働してサードワーホリをゲットしよう!

2019年7月施行 新ワーキングホリデー制度

2018年11月5日(月)にオーストラリア移民局から、ワーキングホリデービザについて変更点が詳細が発表されました。
変更点のポイント
①期間:滞在期間最大3年間に延長
②年齢:35歳までに引き上げ(日本人は適用外)
③雇用:同一雇用主の元での就労期間が最大12カ月に延長(季節労働に限る)

ワーホリで最大3年まで滞在する!

これまでのワーキングホリデービザは、1年目の滞在中に3ヶ月(88日)以上の政府が指定する特定地域にて季節労働をすることにより、セカンドワーキングホリデーを申請する権利を得ることができました。ファーストと合わせて最長2年間の滞在が可能でしたが、2019年7月1日以降より2年目のワーキングホリデービザ滞在中に6カ月以上の季節労働をすることにより、3年目のワーキングホリデービザの申請が可能になります。
申請のポイント
季節労働はファーストとセカンドに対して、それぞれ規定時間行わなければなりません。1年目に9カ月以上労働をしても、2年目には計上されないことに注意しましょう。

 

年齢制限は現状維持 30歳以下が対象

年齢制限については、カナダ人・アイルランド人のみ35歳まで引き上げられました。日本人は従来通り30歳以下の方が対象となります。

 

同一雇用主の元で最大12か月まで就労OK

これまでは同一雇用主の元で最大6カ月まで就労が許可されていました。新しいワーキングホリデー制度では、季節労働者に限り12カ月まで就労可能に延長されました。例外の場所があり、ノーザンテリトリー準州では、介護、障碍者サポート、農業、建築、採掘、観光、ホスピタリティなどの職種に限り12カ月の就労が可能です。
働くポイント
ダーウィンがあるNT準州に移動すれば、同じバイト先で1年丸々働くことも可能です。ダーウィンは年中を通して気温が高く、国内外から観光客が集まり、国立公園やナイトマーケットはいつもにぎわっています。ローカル色が強いので、仕事探しはチャレンジになりますが、大自然に囲まれた英語環境で生活することができます。市内に語学学校もあり、生活費も安いことから、都会とはひと味違った留学生活を送りたい方におすすめの都市といえるでしょう。
 ダーウィン語学学校はこちら

 

 語学学校を4週以上お申込みの方には、入学手続き、ビザ申請サポート、現地到着後の日本スタッフによるサポートパック(オリエンテーション、銀行口座開設、在留届、TFN申請、携帯電話案内、オフィスPC利用、書籍貸し出し、お荷物お預かりサービス)をすべて無料でご利用いただけます!  

 

留学・学校について相談しよう

 

学校/コース一覧

人気記事TOP5!トレンドチェックしよう

  1. EE / Entrepreneur Education(アン…
  2. Macleay College(マックレイ・カレッジ)シドニ…
  3. ビザ申請のための個別アカウント オーストラリアに渡航するに…
  4. 世界的な観光都市ゴールドコースト クイーンズランド州の南東…
  5. William Blue College of Hospit…

オーストラリア都市&語学学校リスト

シドニー語学学校キャンペーン中!

おしゃれな街メルボルンに留学しよう!

Lineでいつでも気軽に相談

友だち追加

Global Study Station’s SNS

        

今月のイチオシ!スタッフ厳選学校

今すぐ相談!24時間以内返信・見積もり

日本でSIM受取可能!お得な携帯プラン

留学 How much?

予算をおさえてワーホリしたい!

2か国留学が人気!格安でフィリピン留学

安心&アットホームなホームステイ

滞在先でも国際交流を楽しむ

オーストラリア 留学Q&A